ライスボ~ル⚾️

アスリートフードマイスターの母による野球少年を大きく強く育てる方法。

鉄玉。

半年以上前、病院で血液検査をしたら、先生に「隠れ貧血ね」と言われました。

私には貧血なんて無縁だと思っていました。
隠れ貧血とは、体内の「貯蔵鉄」が少ないことです。肝臓などに蓄えられる貯蔵鉄が不足することで、頭痛・肩こり・不眠・慢性疲労を感じやすくなります。

あー、当たってる。
たまに頭いたい。肩のみならず、首も、腰も、…というか身体の背面全部がこってるー。眠りが浅いーー。毎日、疲れてるーーー!
…当てはまりまくりです(笑)。

血液中の赤血球の中には体の隅々まで酸素を運ぶヘモグロビンという物質があって、それは鉄から作られます。
人間の体内にある鉄のおよそ3分の2はヘモグロビンに存在します。残りは貯蔵鉄としていざという時のために肝臓などに鉄分を貯蔵しているのです。鉄の貯金、鉄の安心保険みたいなものです。私はその貯蔵鉄が少ないということを病院の先生に言われたわけです。

鉄分、意識して摂取してたはずなのになー。まだ足りないのね…。
…とちょっと反省。

アスリートには持久力をつけるために「鉄をしっかり摂りましょう」とアドバイスしてるこの私が、隠れ貧血…。
情けない…。疲れやすいのは、持久力がないからではないですか。(タフに忙しくはしていますが。)

お料理は鉄分を意識して…と思いつつもやはり、バランスよくどんな栄養素も摂りたい。
どうしようかしら…と悩んでいたところに、テレビで「鉄玉」を見ました。

お湯を沸かす時にやかんに入れると鉄分たっぷりのお湯ができる。
煮物やスープ、お味噌汁、鍋物など作る時に入れると鉄分たっぷりのお料理ができる。
最後に鉄玉を取り出して、何度でも使える。何度でも鉄分が出る。

そうそう、これ、前に買おうと思ってたんだった!
すぐにネットで調べると、いろいろと鉄玉の種類があります。

そこで私が見つけたかわいらしい「ドラえもんの鉄玉」。
一般的には鉄玉は、丸い石のような形ですが、レビューを見るとドラえもんは首があるためにお箸でもつかみやすいとのこと。
(他にもいくつかかわいいキャラクター売ってました)
ドラえもんの鉄玉、かわいいし、使いやすいし、鉄分が摂れるし! しかも、南部鉄器!…即、ポチりました。

f:id:afm-yoshie:20190128225759j:image


レバーや、ひじきや、ほうれん草… 鉄の多い食材を使わなくても鉄が摂れちゃう鉄玉、大変重宝しています。

鉄の吸収を効率よくするにはビタミンCの食材を一緒に摂ってあげるといいですよ♪

そんなこんなで先日、病院で血液検査を再度してもらいましたら、先生に
「鉄、摂りすぎ」
…と言われました!!!!

摂りすぎも体に害があると言われています。
どの栄養素もそうです。摂りすぎもだめ、ほどほどにです。

アスリートフードマイスターとしての私が、身を持って体験しました。
鉄の摂り方。

ほどほどです。意識しつつ、ほどほどに。
バランス良く食べましょう…って話です。

 

アツアツあんかけ焼きそば

コンビニのお弁当コーナーでかなりの高確率で私が手にするもの、
スキー場のレストランや、中華料理屋さんで絶対オーダーするもの、
・・・無意識に選んでいるのですが、「あ、私、これ好きなんだなー」と後から認識したそのメニューとは…

あんかけ焼きそば

です。

一品料理なのに、意外とたくさんの食材が入っていて、汁物ではないのでスープによる余分なエネルギー摂取もない。
あらためて、中華料理にしては油の摂取も多い方ではないし、スグレモノ~…と気に入っています(笑)。

麺で糖質をしっかりと摂取できますし、
「あん」に使われている野菜はビタミンミネラルたっぷり、たんぱく質は疲労回復に良いです。

白菜は、カリウムとカルシウム
青梗菜は、βカロテンとビタミンC、カリウム、カルシウム
にんじんは、βカロテン
しいたけは、ビタミンD
豚肉は、ビタミンB1、B2、亜鉛
エビは、ビタミンEとタウリン
「あん」の具材だけで、栄養素のほとんどの種類を摂取できちゃうんですよ~♪

そして、私がかなりの優秀食材とみなさまにオススメしたいのが

きくらげ です!

食物繊維、カリウム、ビタミンD、鉄分が豊富で、美容食材としてはイチオシです。

詳しいレシピは割愛させていただきますが、
塩コショウ・鶏ガラスープの素・オイスターソース・醤油で味付けしました。

今回はスキレットで蒸し麺を軽く焼き、その上から先に作っておいた「あん」をかけました。
あんをかけた瞬間、「ジューーー!」と美味しそうな音がして、美味しそうなニオイが立ち込め、湯気が上がり、それはそれはもう最高に美味しそうにできあがりました~♪

家族みんなは「これはうまい!!」とアツアツのあんかけ焼きそばをフーフーしながら食べてくれました。

f:id:afm-yoshie:20190121173553j:image


どんぶり物や、パスタ、麺類のような一品料理はどうしても栄養が偏りがちになります。
一品料理を作る時は、なるべく具材を多く使い、バランスが良くなるようなメニューを作るように考えています。

アツアツあんかけ焼きそば、家族に大好評で、たくさん食べてくれたので、なんと私の食べる分がなくなってしまいました…。

食べ盛りのお子さんがいるご家庭ではよくあるパターンでしょうかね…。
母の分がなくなる…(もしくは極少…)。

毎回そんなもんです。いーんです。家族みんなが美味しそうに食べてくれれば…。
母の分がなくなってもですねー、別に、母は痩せるわけではないのはなんででしょうかね…(笑)

私が大好きで作ったあんかけ焼きそば、味見もしないまま、一口も食べないまま、全部なくなりました…。せつない。

真剣でまっすぐな目

私にとっては、北海道の冬休みの長さは嬉しいです。
子供たちとスキーに行けることが楽しいのです♪

しかし、私がスキー準指導員の資格を取って初めての冬は、子供たちとスキーをして遊ぶよりは、よそのお子さんと過ごす時間が多い「スキーの先生」としての時間が圧倒的に多いです。
(自分の子供たちのスキーの上達をあまり見れない状態の冬で、ちょっと寂しいのです…。)

この冬は、私は、たくさんのお子さんたちとスキーを通じて知り合いました。
みんな、生き生きと一生懸命にスキーを頑張る姿に毎日感動しています。

一番印象的だったのは、「スキーを履くのは人生で今日が初めてです」という小学校1年生の子供たちを担当した時でした。この子たちには、スキーを装着するところから始めて、歩く、「カニさん歩き」でゆるい坂を登る…というまでの段取りを数時間かけてしました。
カニさん歩きで登っている途中で、ツ――――と後ろ向きで下まで滑って行ってしまう子も続出。滑ってその場で転んで、脱げたスキーを履かせてあげます。何人も。
そしてやっと足で登れるようになって、ちょっとしたゆるい坂を「ハの字」で滑ってみると、止まれない状態です。初めてスキーをするお子さんたちには当然のことです。
止まれないお子さんを私は体当たりで受け止める。それを何人も…。
「スキー、思うように、出来ない…」と限界を感じたのか突然泣き出す子もチラホラ。その子たちを元気づけ、一緒に滑る…。
結構な体力を消耗します…(笑)

でも、子供の上達は驚くほど早いです。その日の午後にはみんなでリフトに一本乗ることにし、ゆっくり止まりながらみんなと滑って来ました。
私はずっと子供たちの顔を見えるように後ろ向きに滑り、オシリは筋肉痛…。

この一年生のお子さんたちとは3日間過ごしましたが、3日目には驚くほど上達し、スキー場の一番上から初心者コースをみんなで連なって、しっかりとちゃんと滑って来れるようになったのです。

転んでも転んでも何度も立ち上がり、真剣でまっすぐな目で前を見つめてスキーで進んで行く。

あの目を、私はずっと忘れないと思います。

初日にスキーを初めて履いて、転んで、泣いて、やっと滑れて…
そんな子供たちが、全員、スキーの検定ジュニア6級に合格しました。
合格を告げられた時の、あの子たちの笑顔、最高でした。(涙もろいので、私は泣きそうでしたが…)

忘れていた何かをハッと思い出させてくれたような、一生懸命に取り組む姿がとても印象的な子たちでした。

私の「スキーの先生」としての冬休みはあと1週間続きます。
毎日300人を超える子供たちがスキースクールに来て、20~25くらいのレベル別のグループに分かれてスキーを習います。

子供たちそれぞれの一生懸命さと、「よしえせんせーーーーい!!」と大きな声で私を呼んで、甘えて来たり、手をつないできたりする子供たちが可愛くて仕方ありません。

子供たちの笑顔が見れるから、疲れていても頑張れます。
そして同じスキー場で、長男と次男が一生懸命に練習している姿もチラ見できます(笑)。

毎日のように、朝早くから子供たちと一緒にスキー場に通い、スキー場に着いてからは行動は別々ですが、それぞれ楽しんでいる冬です。
長男と次男も、私の「先生」としての姿を見るのは新鮮なようです♪

f:id:afm-yoshie:20190114222037j:image
写真は、300人以上の子供たちが来る前のスキー場。班ごとの看板が立っています。
※この時期は、ブログはスキーのお話が多いですが、ご了承ください…


母の味

あけましておめでとうございます。
2019年も様々な情報を発信して行こうと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

北海道の冬休みは本当に長いです。1か月弱…。
仕事納めと同時にスキーの日々が始まり、年末年始は雪のない名古屋と大阪で過ごしました。
ニュースで報道されていましたが、吹雪による飛行機の混乱に巻き込まれることもなく、予定通り無事に家に帰ってきました。そしてまだまだスキー三昧の日々が続きます。

年末は夫の実家にお世話になりました。
義理のお母さんは、料理の手際がすごく良くて、短時間で色んなものをたくさん作ります。毎度毎度、その手際の良さには驚きます。
義理のお母さんが作ってくれるものの中で私も子供たちも一番楽しみにしているのは「石焼きビビンバ」です。お店で食べるものよりずっと美味しいんです~!
石焼きビビンバは栄養バランスも良く、私も家でたまに作るのですが、子供たちは「ばぁばが作る方が美味しい」と正直に言います…(笑)
石焼きビビンバの味、義理のお母さんに勝てるように頑張ります!

本格的で本当に美味しくて、夫の実家にお邪魔する時の一番の楽しみです。
私にとっての母の味であり、子供たちにとっては「ばぁばの味」です。

 

 f:id:afm-yoshie:20190107214810j:image


そして、名古屋と大阪を堪能し札幌に戻ってきたその日の夜は、私の母が料理を作って待ってくれていました。
私が子どものころから一番大好きで、子供たちも私の母に料理をリクエストする時は必ず口をそろえて言う「ハンバーグ」です。
子供たちがいつも大量に食べるので、母は挽肉1.5キロ分のハンバーグを作ってくれます。多めに作ってくれて残った分のハンバーグのタネは私がもらって冷凍します。
1.5キロ分の挽肉に合うだけの玉ねぎを大量に切って、それをアメ色になるまでずっと炒めるだけでも重労働です。母が、私や子供たちのために作ってくれる姿を想像するだけで涙が出ます。
子供の頃からブレない、私にとっての「母の味」はハンバーグなのです。
そして私の子供たちは、特大ハンバーグを2個食べます…。


f:id:afm-yoshie:20190107214822j:image

 

お正月から美味しい「母の味」を作ってくれた2人の母に感謝です。


私が子供たちに「ママが作るもので一番好きなものは、なあに?」と聞くと「伝説の唐揚げ!!!」と即答してくれます。(2018年7月1日のブログにレシピを載せています)

「2位はねー、ビーフシチューに、ドリアに、カツに、麻婆豆腐に… あー、もう、いっぱいある!!」…と答えてくれます。

長男は小さい頃に「ママはどうして美味しいものしか作れないの…?」と聞いてきたことがありました。嬉しくて泣けます…。

ちなみに夫は「パスタ!どこの店よりも美味い!!」と褒めてくれます。パスタはいろいろと作りますが、夫のお気に入りは、カルボナーラとミートソースとナポリタンだそうです。

私の料理が子供たちにとって「おふくろの味」「母の味」として定着してくれて、将来、お嫁さんと帰省してくれた時に「これ、美味いんだ!」と私の料理をお嫁さんに自慢している将来の息子の姿を一人妄想しながら、今年もお料理、頑張ります♪


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

扉の向こう側。

私の今年の漢字を一字で表すとしたら…
「濃」です。

濃い。濃かった…。
忙しかった…。充実していた…。
いや、自分で言うのもなんですが、

2018年、頑張った、私!

お正月明けから、毎日スキー場に通い、とりつかれたかのように、そして追い詰められながらスキーの練習。気は強い方だと思っていましたが、まさか、このスキーにメンタルをやられそうになるくらい打ちのめされ、悩み、前向きになったり凹んだり。
スキーって奥が深い…。
春の初めに手にしたものは、子供の頃から憧れていた「スキー準指導員」でした。

スキーに通いながらも、一方では、夜に猛勉強をし、東京に通い、
「メンタルビジョントレーニング インストラクター」
「アスリートフードマイスター 1級」を立て続けに取得。

2018年に突入した3か月で、資格を3つ取りました。
全部、一発合格でした。

家族の理解は得ていましたが、協力してくれている反面、落ちたら恥ずかしいし、同じ勉強を同じ心の状態で再びするモチベーションはないとわかっていたので、一発勝負を狙い、相当な集中力で挑みました。

恥ずかしながら、私は、2018年が人生で一番頑張った一年だったかもしれません。
(きっと高校や大学受験の時もすごく頑張っていたと思うけど…)

若いころは、楽しいこと大好き、いかにラクして生きるかしか考えていませんでした。
その結果、40過ぎた私には経験はあるものの、自分自身の武器となる自慢できるものが何一つありませんでした。
40過ぎて「今ならまだなんとかなる」と思ってやりとげたことは私の宝となりました。
2018年は、私自身のコンプレックスとか負い目にサヨナラできた一年ではなかったかな…と思います。

資格取得…という扉の向こう側。
頑張った結果で、新しい違う毎日になる。実感しました。

今日から、子供たちはスキースクールでレッスン、私は同じスキースクールで「スキーの先生」として冬休みをスタートしました。
去年の今ごろはスキーを黙々と練習する私だったのに、憧れの「先生」として小学生を指導している時間が楽しくて、まさかこんな景色が待っているとは思いませんでした。(18人の生徒たちにエネルギーを吸い取られ、すごく疲れますが…w)

そしてさらには、2018年秋には起業し、室内練習場をオープンしました。
毎日ずっと忙しいですが、楽しいです。

ほんと、
濃い です。

他にも、まー、いろいろありました!書いたらキリがないですが。

 

そして今年ひとつやり残したことは、「年末大掃除」です。
まだ間に合う…と思うかもしれませんが、年末までずっとスキー場にいますので、時間がありません。(キッパリ)
お掃除は時間ができたら、やります…。(昨日は、夜中に洗濯機を掃除したくなって、中も外もピカピカにしました。普段、やらないくせに、一旦やりだすと止まらないのです…。)
お掃除はこんなペースですが、食事はどんなに忙しくてもしっかり作るようにしています。母として妻として、これくらいはしないと…。

そんなわけで、今年も一年、お世話になりました。
私のブログをご愛読いただきまして、ありがとうございました。
今後も様々な方面からいろんな情報を発信していきます。
年末年始は少しの間、ブログをお休みさせていただきます。ご了承ください。

みなさま、素敵な年末年始をお過ごしくださいね。


f:id:afm-yoshie:20181226221612j:image

📷 2018年はこのスキー場から始まり、そしてこのスキー場で終わります。

どっぷりとハマってます。

おかげさまで忙しい毎日で、家にいても会社にいても仕事仕事でありがたや~の毎日で楽しんでおりますが、たまにはゆっくりしたいな…と思うこともあります。

テレビも全然観るヒマないし、読んでない本もたまってるし…ですが、ふと立ち寄った本屋さんで思わず手に取り、即買いした本があります。

f:id:afm-yoshie:20181219000400j:image

「野球母ちゃん」。
サブタイトルに思わず微笑んでしまいました。「そのパワー侮るなかれ」。
表紙の母ちゃんの後姿が、全身で「野球母ちゃん」そのものを表現していて、「これ、私じゃないかっ」と思うくらい共感しまくりでした。自分の後姿を見ているようでした(笑)。
そして、目次を見たら、それだけで「わかるわかる~~~!」でした。本編を読まないうちから共感です。
作者さんと勝手にお友達になった気分です(笑)。

2014年、我が家がアメリカから帰国した翌月、引っ越しの段ボールもまだ山になっている状態の生活環境の中で、長男はリトルリーグに入団しました。
生活も落ち着かない、次男はまだ小さい、いきなり親子で野球の生活に突入し、勝手もわからず戸惑いも多かったです。
当初は、何をどうしたら良いかさっぱりわからず、野球母ちゃん初心者マーク状態でした。
しかし、次第に私も「野球母ちゃん」の一人として、どっぷりとその生活にハマり、週末に子供たちを野球に連れて行くのが楽しみでしょうがないほどになりました。
子供と親が週末が来るのをワクワクして、親子で野球を楽しむ。
「キミたち、野球を選んでくれてありがとうーーー!」…と子供たちに感謝するほど、私は私なりに野球母ちゃんの日々を楽しんでいます。
また、チームの母ちゃんたちとのおしゃべりも楽しい。同じ思いでいるからこそ、目指すものが同じだからこそ、母ちゃんたちは子供たちの練習や試合を見ながら盛り上がる。おそるべし、母ちゃんたち。

長男は2014年帰国時、日本に向かう飛行機の窓から、ニューヨークの景色を見下ろして「やきゅうせんしゅになりたい」と言いました。

「やきゅうせんしゅ」になる事は簡単ではありませんが、夢があるなら本人が納得の行くまで私がサポートしようと思いました。
思えば、そこから私の「野球母ちゃん」としての一歩は始まっていたのかな…と思います。
野球母ちゃんとして、どっぷりハマったからこそ、アスリートフードマイスターやメンタルビジョントレーニングのインストラクターの資格取得も頑張れた気がします。
子供たちが野球をしていなかったら、私の今の仕事はなかったと思います。

このブログのタイトル「ライスボ~ル⚾️」も、野球の日は、オニギリと決まっていることからつけたタイトル名です。練習日の朝から「今日のオニギリは何?」と楽しみにしてくれている子供たちに、握っているオニギリへの母としての思いや気持ちはきっとブログを読んでくださっている方にも共感してもらえるかな…と思って考えたタイトルです。

自分の日々に重ね合わせながら、読書を楽しみます♪
忙しいけど、合間合間に時間を見つけて読もうと思います。

 

 

野球母ちゃん: そのパワー侮るなかれ

野球母ちゃん: そのパワー侮るなかれ

背を伸ばすために。

久しぶりにアスリートフードマイスターらしく、食べ物のお話を。

 

今年の長男は、身長よりも体重が非常に増えました。

春から約15キロ増。身長は7センチ伸びました。前にもブログに書きましたが、ただ食べてブクブク太らせては困るので、ここはアスリートフードマイスターの見せ所、しっかりと筋肉増量意識で食べさせました。無駄な脂肪をつけたくなかったからです。

 

良いペースで増えてくれたので、最近は体重より身長を伸ばすことを意識して食べさせてます。

 

身長を伸ばすということは、骨を成長させることです。

当然、「カルシウム」。

しかし、カルシウムは摂れば摂っただけ良いというわけではありません。過剰に摂取しても、身体に吸収されないカルシウムは汗や排泄として体外に出ます。

では、適量のカルシウムを無駄なく摂取するために必要な女房役は何か。

「ビタミンD」です。

 

ビタミンDは、カルシウムの吸収を促進して骨を丈夫にし、筋力をつけてくれます。

この組み合わせ、成長期のお子さんには必須です。

 

今回は、身長を伸ばすことに意識したメニューです。野球の練習後の夕食です。筋肉の疲労回復にも良いメニューです。

※レシピは割愛させていただきます。

 

f:id:afm-yoshie:20181211080730j:image

 

左上から

・かぼちゃの煮物

・ミニトマトとチーズ⚾️

・小松菜、パプリカ、エリンギのガーリック炒め

・鮭ザンギ

・煮豚

・ゆでたまご、ブロッコリー

・白米

・ひじきとレンコンの煮物

・小女子の佃煮

 

今回のメインはビタミンDたっぷりの鮭です。

カルシウムの多いおかずを添えて、メインに鮭ザンギです。

実は長男は、鮭が苦手です。しかし、食べてもらいたい。ザンギにすることで、食べやすかったのか、たくさん食べてくれました。

それからエリンギにもビタミンDは含まれています。

 

鮭に含まれている天然の赤い色素「アスタキサンチン」は、アンチエイジングにも良いと言われています。抗酸化作用を持つ成分として、近頃、大注目されています。

女性にも嬉しい美容タンパク質源です♪

 

背を伸ばすためには、ただ食べれば良いというわけでもなくて、適度な運動、太陽の光を浴びて元気よく過ごすことも大事です。

さて、長男は何センチ伸びるか…。ますますお料理を頑張らなくては❗️

 

 

 

★インスタでも情報発信中♪

「kougetsusya」です。

アスリートフードをはじめ、「食」をテーマに投稿していく予定です。まだまだ初心者ですが、よろしくお願いします!