ライスボ~ル⚾️

アスリートフードマイスターの母による野球少年を大きく強く育てる方法。

まだスタート。あと、もう一歩。

約15年間海外生活をしていて、3年前に日本に戻って来て、月日はあっという間に経ってしまいました。ここまでもバタバタと過ごしてきましたが、その間にも子供たちはスクスクと大きくなってるし、私は歳とるし…(笑)。
でも、着実に私の身の回りは目まぐるしく変化し、いろんな出会いがありました。

アスリートフードマイスターとして、そしてAFM北海道の主宰として活動するようになってから、素敵な出会いがたくさんありました。
出会いや、つながりのおかげで私の行動範囲、視野も広くなり、刺激をいただいております。
私一人ではどうにもならないことや、もっとお力をお借りしたい時、必ず手を差し伸べてくださる方がいて、そして私も私なりに出来ることは誠意を尽くしたいと頑張っています。

昨日はNPO法人プライムドリーム様のお誘いで、札幌大学で開催されたイベントに出席させていただきました。
クラリネットとパーカッションのセッションを聴きながら、たくさんの方と名刺交換をさせていただき、お仕事のお話もさせていただきました。
B.LEAGUEに所属するプロバスケットボールチームのレバンガ北海道の折茂社長(社長であり現役プレイヤーです)とも名刺交換、そしてお仕事のお話、さらにはミーハーですが一緒に写真も撮っていただきました♪

つながりがつながりを呼び、お互いにとって良い方向に進んで行くといいなぁ…と信じて活動していきます。まだスタートしたばかりです。これからが楽しみです。
f:id:afm-yoshie:20171214081533j:image


話は変わりますが、11月18日に受験したアスリートフードマイスター1級の一次試験の結果が書留で届きました。
勉強したつもりでしたが、試験時間が足りなくて、難しくて、手ごたえを感じず、情けない出来栄えでした。そんな感じでしたので、書留の封を切る手は震え、結果を知りたいような知りたくないような…。ドキドキでした。

結果は、「合格」でした!!!

嬉しくて泣けました。
各分野の点数を見て、自分の得意・不得意がなんとなくわかり、今後に向けての反省点にもなりました。

プロとしてお仕事していく上での自覚や、責任感もありますし、1級の試験は新たな発見や気付きをさせてもらった感じです。
今回、合格したことで手放しで喜んではいられません。来月は二次試験があります。これが終わってやっとホッと一息つける感じです。

またテキストを開いて復習し、学びから実践へつなげていかなければなりません。
頑張らないとー!
あと、もう一歩です。
いつも私を元気づけ、応援してくださっているみなさまに感謝いたします。