ライスボ~ル⚾️

アスリートフードマイスターの母による野球少年を大きく強く育てる方法。

不足しがちな栄養をしっかりと。

学校の新年度が始まり、中学校に上がった長男と小学生の次男が、同じプリントを持ち帰ってきました。二人が持ち帰ってきたたくさんのプリントの中に「札幌市の学校給食の食事内容が変わります~学校給食のエネルギーや栄養素の摂取量の見直し~」というのがありました。

内容を見ましたら、今後の給食は「減塩」と不足しがちなカルシウムや鉄、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、食物繊維の摂取量の割合を高くしていきます…とのことです。それからマグネシウムの摂取割合を高くしていくとのことでした。

普段の生活で「バランスの良い食事」を意識していても必ずしも摂取栄養素の割合が100点満点のようには料理できません。不足しがちと言われている栄養素は、成長期のお子さんには当然大切な役割を果たしてくれますし、不足しないように摂らなければ…と意識を高める必要があるからこそ、学校給食を見直したのだと思います。

それはご家庭での食事でも同じことで、現代の子供たちに必要な栄養を摂ってもらうことは毎日意識しなければなりません。
今の時代、働くお母さんたちも多いですし、いかに時短でラクにカンタンに作れるか…というのが大きなポイントになります。

今日、紹介するレシピは、15分で出来ちゃうレシピです。ワンプレートランチとして作りました。
エビのドライカレー、豚肩ロースの洋風ソテー、サラダ…ですが、これ一皿でしっかりと不足の栄養素が摂れます。(このプレートは特に減塩を意識していませんが、もともと私は塩は多く使いません。)

 

f:id:afm-yoshie:20190415150250j:image


■エビのドライカレー
玉ねぎ、ピーマン、人参、エビを使ったドライカレーです。野菜を油で炒めてからエビを入れ、エビに火が通ったら、ごはんを入れ、塩コショウ、ガーリックパウダー、カレーパウダーで味を調えます。お皿に盛り付けた後に、枝豆を散らします。
人参のビタミンA、枝豆のマグネシウム、ビタミンB1、ビタミンB2、鉄、ピーマンにはビタミンAに変換されるカロテン、ビタミンCが含まれています。エビには、タウリンとビタミンEが含まれています。また、ごはんは糖質と食物繊維が摂れます。

 

■豚肩ロースの洋風ソテー
豚肉を塩コショウで下味をつけておきます。油をひいたフライパンを熱し、豚肉を焦げないようにゆっくりと焼きます。両面に火が通ってくるころに、バターを入れ、さらにステーキソースをかけます。味がなじんだら出来上がりです。フライパンに空きスペースがあったら、オニオンを入れて焼いておくと美味しいですよ。
豚肉はビタミンB1が豊富です。マグネシウムも豊富なスーパーフード、白ごまをふりかけました。

 

■サラダ
なるべくたくさんの野菜が取れるようにしましょう。私は、よくスーパーで売っている袋に入っているカット野菜を常備しています。時短で準備できるので重宝しますよ。野菜の組み合わせ次第でカルシウム、鉄分、ビタミン類がしっかりと摂れます。色の濃い野菜を選びましょう。

写真には載せませんでしたが、このワンプレートの他に、缶で売っているクラムチャウダースープを添えました。カルシウム、鉄分豊富です。(温めて出すだけなので、あえてレシピとしては載せませんでした… ^_^)
今回のワンプレートランチのメニューは、不足しがちな栄養をしっかりと摂れるだけではなく、疲労回復にもいいんですよ。

私も日々忙しいので、じっくりとキッチンに立って料理する時間はあまりありません。スーパーで手軽に買えるものを利用し、調理するところはしっかりと愛情かけて調理する…というスタンスでなんとか食べさせています。

我が子たちは、私に話かける内容と言えば、「夜ごはん、なーに?」、「明日、〇〇を食べたい!」とか食べることばかりです…。他に話すこととかあるでしょうに…と思いますが(笑)、食べることを楽しみにしてくれてる以上、料理、頑張ります♪

4月19日のイベントのお知らせです。(美唄市)

私がお仕事でお世話になっております北海道ベースボールアカデミー主催の特別講演会のお知らせです。

アスリートフードマイスターとしては、私の初の美唄市の開催となります。
すでに北海道ベースボールアカデミー様の方で告知は始まっております。こちらでのご案内が直近になってしまいましたことお詫びいたします。

詳細は以下をご覧ください。

 

日時 4月19日(金) 18時~19時半
会場 ピパオイの里プラザ
〒072-0026 美唄市西3条南3丁目6−1

対象 選手、指導者(保護者も含む)

参加費 無料

申し込み締め切り:
定員達し次第申し込みを締め切ります。

お問い合わせ先
yutadeai@gmail.com(出合氏)

 

f:id:afm-yoshie:20190409213803j:plain

 

 

また4月27日の「野球食トレ塾」(3月25日のブログに告知してます)の残席もまだございます。

どちらもお申込みお待ちしております♪

 

No Alchol No Life

今回のブログは、アスリート向け…ではなく、私の健康(ダイエット?)について書こうと思います。
私と同年代の方、健康ネタとして参考になれば幸いです…(笑)

私は、お酒が大好きです。
飲むのは、ビール、ワイン、日本酒、カクテルです。
本当にお恥ずかしい話ですが、
20代は浴びるように飲み、
30代はザルのように飲み、
40代は飲む量こそ減ったものの毎晩飲んでいました。
たくさん飲んでも、酔うことはほとんどなく、酔ったとしても顔には全く出ず…という感じで、今までの人生で「もう、お酒一生飲むもんか」と思うような二日酔いになったのも両手で数えて余るくらいでした。

別にお酒の武勇伝でも自慢でもないですが、特にここ数年は家飲みがお気に入りで、500mlのビールを最低でも1缶飲まないと1日が終わった感じがしない日々でした。「休肝日?なにそれ?」という感じです…。
それくらい大好きなお酒なのですが、ここ数年は私の健康状態に暗雲が…。

血液検査では、どの項目も全て異常なし(以前、隠れ貧血と言われたことはありましたが改善しました)なのですが、たった一つだけずっと異常な数値をたたき出していた項目があります。
γ-GTPです。

γ-GTPとは、アルコールなどを分解する肝臓の作用に関係している酵素です。
γ-GTPの数値が高いとアルコールなどの要因で肝臓に負担がかかり、γ-GTPが過剰に分泌されたり、肝臓から血液中に漏れだしているそうです。
γ-GTPの正常値は、男性は約80IU/l、女性は約30IU/l以下です。

私は、一番高い時で、このγ-GTPの数値が400近くありました。
いろんな方に「えーーーっ!」と驚かれました。そりゃそうです。

血液検査でγ-GTPの数値を目の当たりにして、少し禁酒して、そしてまた飲み始める…。意思弱すぎ。

γ-GTPが高いと、肝硬変・アルコール性肝障害・薬物性肝障害・脂肪肝・慢性肝炎などといった病気になる可能性大です。
でも、私は、血液検査のγ-GTP以外の他の数値は全部正常値。こういうところに慢心があったかもしれません。
ここ数年は大量に飲んでいないのに、なぜこんなにγ-GTPの数値が高いのか。アルコールの蓄積なんでしょうか。。。

さすがにですね、400近い数値になると、飲む気が失せました(笑)。
肝臓専門の病院でエコー検査をしてもらいましたら、「脂肪肝かも」と言われました。(エコーだけでは完璧にわからないのです)
「とりあえず、食事を気をつけてください。」と先生に言われ、アドバイス通りに1か月実践し、先日、造影剤を投与してCT検査をしました。

結果はですね、「脂肪肝っぽい」レベルで脂肪肝とは断定できないくらいのレベルでした。「いや、むしろこれは、脂肪肝じゃないね~」と先生に言われたのです。
これは1か月の食生活で改善された結果でした。「脂肪肝かも」から「脂肪肝じゃない」レベルに改善され、お酒も週1回ちょっと飲むレベルに生活習慣を変えました。
γ-GTPは1か月でかなり下がり、今は120くらいです。(それでもまだ高いですが)

食生活を改善…とは、何をしたか。
先生にアドバイスされたのは、
①一日の食事一食だけ炭水化物を卵に置き換える。
②野菜スープをたくさん摂る
でした。

①の卵ですが、生よりは加熱した方が効果が高いとのことで、卵料理ばかり作りました。そして、1日最低2個は食べること。
昔は卵はコレステロール値を上げるから「卵は1日1個」なんて言われてましたが、その根拠は全くなく、逆にたくさん食べて良いとのことです。

卵は肝臓を元気にする高たんぱく食材なのです。
②に関しては、以前ダイエット方法として流行った「脂肪燃焼スープダイエット」に近い感じです。

1か月間、①と②を試している間も、炭水化物はしっかり摂取していましたし、甘いものだって食べていました。先生のアドバイスに自分の栄養の知識を加えて毎日の食生活を改善してみました。

私はアスリートフードマイスターとしての食のアドバイスはできますが、逆に医学的に食生活のアドバイスを受けるというのは新鮮で、非常にためになりました。

人間の身体は、食べ物から作られているのと同様です。
食べ方次第で1か月で変われるのは本当にすごいことです。栄養ってすごい!

1か月間、肝臓に気をつけた食事にした結果、体重は1キロしか減りませんでした。先生に「あまり痩せてない~」と言うと、「こういう食べ方は徐々に痩せますよ。焦らないでくださいね」と言われました。はい、焦りません(笑)。

実はこの食生活にした結果、γ-GTPの数値が下がっただけではなく、肝臓のもともと正常だった他の数値も正常範囲内でさらに下がりました。これがすごく良いことらしく、さらに、卵を毎日何個も食べているにも関わらず、コレステロール値も中性脂肪も正常値のまま。
γ-GTPは、まだ正常値ではないですが、正常値になるまで頑張ります。
やっただけ成果が出るので、肝臓に優しい食生活をしばらく続けようと思います。

卵料理は毎日食べても飽きないのですが、野菜スープは結構飽きます。
私がいろいろと試した中で一番気に入ったのは、ユッケジャンスープです。

f:id:afm-yoshie:20190403110119j:image

大根、人参、ニラ、豆もやし、えのき、ネギと牛肉を入れて作りました。
これだけでも野菜の栄養がしっかり摂れますし、牛肉でたんぱく質も摂れます。
ユッケジャンスープにポーチドエッグを入れて、卵もしっかり摂れます。
さらに、唐辛子のカプサイシンでダイエット効果にも良いかな~と、自分の中ではお気に入りのレシピです。(作り方は割愛させていただきます)

お酒はやめませんが(断言)、飲む量と飲み方を改善し、さらに健康になれるように頑張ります。
好きなものや嗜好品を断つのは逆にストレスになります。私はお酒とは、ほどほどのお付き合いで今後も楽しくいきます♪
No Alchol No Life… (笑)

野球食トレ塾(試食会付き)のお知らせ

イベントのお知らせです♪

2018年7月17日のブログでご紹介させていただきました、弁当工房Harapecoさんとのコラボ商品「アスリート弁当 野球バージョン」を食べながら、野球選手に必要な食の知識を学べる講座です♪

これから始まる野球シーズンに向けて、食事方法を見直すチャンスです。

野球少年を子育て中のお母さま、
指導者のみなさま、
そして野球をしているみなさん、
この機会にいかがですか?

f:id:afm-yoshie:20190325144354j:plain

 

お申込み、お待ちしています!
お早めにどうぞ♪

 

未来を現実に。

イチローさんの現役最後の3月21日の試合、そして引退会見、もう涙なしでは見られませんでした。
引退会見での彼の言葉は、一つ一つ重みがあって、心がこもっていて、野球愛たっぷりで、潤んだ目の奥にいろんな思いがあふれすぎて、本当に泣けました。

 

f:id:afm-yoshie:20190322102234j:image


イチローさんがアメリカに渡ったのは2001年3月頃です。
同じ時期の2001年3月27日、私はニューヨークに渡りました。
上の写真は、ニューヨークに出発する直前、亡き父が「これを持っていきなさい。ニューヨークで頑張って。」とくれた雑誌。
「プレジデント」2001年4月16日号。今でもこれは、宝物です。

雑誌の中で、「イチローには未来を思い描く力があった。未来を現実にする力もあった。」という記述があり、それが今でも印象的です。

イチローさんと一緒にするのは厚かましいけど、同じ時期に、同じアメリカでスタートラインに立った私は、不安と希望でいっぱいでした。

2001年当時、まだ20代だった私は、
ニューヨークで何かを成し遂げたい、ニューヨークで自分の道を切り開きたい。
とにかく、挑戦したい。
…と思っていました。
 
ニューヨークにいた間は、模索ばかりして、生き方に疑問や焦りを感じての日々。
子育てや主婦業にプラスして、一人の人間として確立したいときに、いろいろと思い悩む。
たまに泣きたくなれば、一人で泣く。全てを涙で洗い流す。
自分にたまった「負」のエネルギーを出し尽くす。
そして、すっきりして、前向きになる。光を見つけようとする。上を向く。
そうやって、生きてきた感じです。

イチローさんは、記者会見で「外国人」になったからこその苦労も語っていました。
「人の心を慮ったり、人の痛みを想像したり、今までなかった自分が現れたんです」と。

2001年の「9.11」が自分の間近で起き、外国人に対する風当たり(ビザや労働に関して)が厳しくなりました。
私も、外国人としてニューヨークで暮らしていた13年間は表現しがたい特別な感情の中で生きてきた感じがします。イチローさんが頑張っている姿がすごく励みでした。

 

アメリカに住んでいた頃は、メジャーリーグのゲームも何度も観戦しに行っていたので、生のイチローさんを何度も間近で見ました。

イチローさんの放つオーラに圧倒され、「よし私も頑張ろう」とパワーを何度もいただきました。

 

今は、子供たちの野球のサポートをすることで、さらにイチローさんの存在が近く感じられ、そして弓子夫人の気持ちも少しは共有させていただいているのかな…と思います。
今まで、弓子夫人に試合前に2800個くらいのおにぎりを作ってもらった…とイチローさんは語っていました。
私も、子供たちに今まで何個のおにぎりを作ったかわかりませんが、この先もずっとおにぎりを作って、心から寄り添ってサポートできたらいいなと思います。

私もまだまだやりたいことや夢はあります。
子供たちもこれから長い人生、夢がいっぱいあることでしょう。
 
自分の人生を切り開くのは、自分。
チャンスを見つけるのも、自分。

人生は長い。
後悔のない日々を。
「未来を現実に」。


私の人生においても大きな存在だったイチローさん、心から感謝するとともに、これからも応援します。
彼の生き方をマネできませんが、近づけるように頑張りたいです。

 

イチローさんは引退会見で「後悔などあろうはずがない」と言いました。

私もそうですが、子供たちにも、そう言い放てるような人生を歩んでもらいたいです。

 

 

 

 

心優しく。 そしてラジオ収録

1か月前のバレンタインデーには、子供たちに野球モチーフのかわいいチョコをプレゼントしました。
2月14日は、夫も子供たちも私以外からチョコレートをもらってきました。そんなわけで我が家の男3人衆から「ホワイトデーに渡すお返しを用意しておいて~」とお使いを頼まれていました。
基本、我が家の男3人衆は買い物好きじゃないのはわかっております。(買い物に行ってるヒマもないだろうし。)
お使いを頼まれ、私にとってはバレンタインデーに続き、ホワイトデーも私の大事なイベントなのであります。

そんなわけで、私は、自分が「ホワイトデーにお返しをもらえる」対象者であることをすっかり忘れ、3月14日の朝は、夫に「ホワイトデーのお返し、持った??」と確認するほどでした(笑)

学校から帰ってきた次男が「ママぁ~。今日、ホワイトデーでしょ。今から〇〇(近所のスーパー)に行って、ママにお菓子買ってあげるから、お金ちょーだい♪」と真顔で言ったので、吹き出しました。
その気持ちだけで充分です。次男らしくてかわいすぎます。(親バカw)
そして、長男は、私がいない間に、一人でお小遣いを握りしめて、お花屋さんに行き、お花を買ってくれました。お花は全て長男が選び、お花屋さんでメッセージを書いたそうです。
花束をコッソリ持って帰ってきて、夕食が終わった後に、プレゼントしてくれました。
サプライズの花束に号泣です…。

直前まで長男に「野球の主将とは、何たるか」をブツクサ説教してたので、お花を見たとたん、ちょっと反省(笑)。
日常の忙しさに追われて、きっと小言が多くなっている私。ほんと、すみません…。

心優しい息子たちに育ってくれて、感謝です。
お花、宝物です。一生、枯れないで欲しい…。

f:id:afm-yoshie:20190314221824j:image



さて、話は全然変わりますが、
3月12日に、札幌市豊平区にあるFMアップルさんにて、ラジオ番組の収録をしてきました。
金曜日の番組で午前10時半~11時の間のサツドラPresents「地域にプラスプラス」というコーナーです。
活躍している女性に出演して欲しい…ということで、私に白羽の矢が当たりました。ありがたいことです。
しかし、活躍なんてとんでもございません。まだまだです。。。
収録では、主に、フェニックスフィールドのお話の他に、アスリートフードマイスターやメンタルビジョントレーニングのお話にも触れました。

f:id:afm-yoshie:20190314221906j:image


放送日時は4月のどこかの金曜日とのことで今のところ未定です。(決まり次第、こちらに追記します)
北海道全域で聴けるそうですよ♪ ご興味おありのかたは是非、お聴きください♪

日々コツコツと。

メンタルビジョントレーニングは、じわりじわりと認知度が広がってきて、おかげさまで、講座やトレーニングで忙しくしております。

3月6日のメンタルビジョントレーニングの講座はすごくたくさんの方に参加していただいたのですが、一体何人の方が受講してくださったのか把握できておりません(笑)

3月6日は、かねてからご依頼をいただいておりましたNHK札幌放送局へお邪魔させていただきました。
社員さん向けに、『頭の回転が良くなる!疲れ目、目の老化防止にも役立つ!「メンタルビジョントレーニング」を体験しよう!』という講座をさせていただいたのです。
札幌放送局以外にも、北海道内の各支局(函館・旭川・帯広・釧路・北見・室蘭)へ講座がサテライトで配信され、たくさんのNHK社員さんにメンタルビジョントレーニングを体験していただきました♪ (サテライトゆえに、何人受講されたかわからないのです^_^)

f:id:afm-yoshie:20190308115818j:image


メンタルビジョントレーニングは、お子さんやアスリートはもちろんのこと、シルバー世代にまで、どんな方にもおススメのトレーニングです。
今回は、日常でパソコンやスマホを使い、オフィス生活で目の疲れの多い肩こりガチガチの働く世代向けの内容とさせていただきました。

みなさん熱心に私のお話に耳を傾けてくださり、受講してくださった皆様のお疲れが少しでも改善しますように願うばかりです。


私は、30代に入るまでは視力が両目とも0.05くらいでした。
コンタクトレンズを使用していましたが、ドライアイに悩まされ、ニューヨークにいた時に思い切ってレーシック手術を受けました。31歳の時でした。
おかげさまで視力は両目とも1.2までに回復し、毎日がバラ色になったのですが、眼科の先生に「将来、老眼にはなるからねっ」と言われました。

そして、数年前から眼科の先生の言う通り、「これは、もしかして…」という症状が出始めて、焦りました。

そんな時期と同時に、偶然にメンタルビジョントレーニングのインストラクターになったわけですが(老眼克服のためにインストラクターになったわけではないです 笑)、
日々、目を意識して生活しているおかげか、老眼の進行は食い止められています。
先日、眼科に行って検査をしましたが、「一番弱い老眼鏡を作ったとしても、まだ眼鏡が強く感じると思うよ。だから眼鏡の必要ないよ~」と眼科の先生に言われて、ガッツポーズしました!
「でも、乱視が強い。」と言われました。輪郭がはっきりしないから、字を見るときに老眼が進行したと思い込んでいたのであって、私はまだ大丈夫でした♪

老眼は誰にでも来る症状ですが、メンタルビジョントレーニングをすることによって、食い止められることを、ワタクシ自身が立証しています。
ゼロではないですよ。ものすごい小さい字は見えません。そして、パソコンやスマホのある便利な生活は切っても切り離せません。だけど、日々のトレーニングってやっぱり大事なんだぁ…と実感しました。

 

私がトレーニングをしているアスリートさんたちもみなさん視覚機能が向上しています。

日々コツコツとすることってやはり成果が出るんですね。


※ご興味ある方は、「札幌メンタルビジョントレーニングセンター」で検索してくださいね♪